ワシントンDC講習 報告

 米国・ワシントンDC支部での講習のため、坂口会長と野村師範が5月27日から6月3日まで渡米しました。

 野村師範の報告の中から、講習の様子をご紹介します。

 米国バージニア州アレキサンドリア市にあるワシントンDCキャピタルエリア武道会が主催する無外流居合兵道合宿が2015年5月29日から3日間アレキサンドリア市で行われ、日本から坂口会長と野村が参加しました。
 キャピタルエリア武道会は、居合道、抜刀道、弓道、剣道、薙刀、杖道を行う6つの武道団体の統括組織で、共同で常設道場を管理・運営しています。道場長はデーブ・ドラウディ居合道3段、
居合道は無外流居合兵道の江戸無外会ワシントンDC支部(カート・ブラウン支部長、居合道3段) です。道場は、元小学校の体育館を借り上げているので、天井が高く、広さも充分あり、いろいろな日本武道を学ぶことができる環境です。道場の裏には巻藁を漬けるドラム缶が数本置いてあり、新品の畳表で試斬ができます。

巻き藁

3日間の講習に 11名が参加しました。講習内容は以下の通り。

5/29(金) 15:00~18:00  8名参加、基本、五用、五応 
5/30(土) 午前 9:00~12:00  6名参加 五箇、走掛 
5/30(土) 午後 13:00~15:30 10名参加 居合之形

30日講習

居合之形

5/30(土) 15:30~17:00 からは昇段審査が行われ
Kurt Brown 4段、Dave Drawdy 4段、Jason Ferron 2段、Joshua Badgley 2段 

以上の4名が昇段しました。

5/31(日) 午前 9:00~12:00  7名参加 剣術基礎の稽古が行われました。

31日集合

31日居合

剣術基礎は、1. 受け返し、2. 受け流し、3. 巻落とし、4. 巻き上げ、5. 連続稽古を 2人一組で受け返し・受け流しと真向斬りを連続して行う稽古で、間、間合いと正しい受け返し・受け流しを修得しました。
また、2人一組でAは打ち太刀で真向斬り、Bは仕太刀で斜め後ろ45度に下りながら受け返す。次に仕打交代してBが打ち太刀となり真向斬りで打つ。Aは打ってくるのを斜め後ろに下がって受け返す。互いにこれを繰り返す。8回繰り返すと元の位置に戻る。左回り、右回りと方向を変えて行う。更に、受け流しで同じことを行う。この稽古を行ないました。


5/31(日) 午後 13:00~15:00  7名参加で脇差之形を行いました。
脇差之形は初めてなので、座りはキツイので、立ったまま手順を繰り返した後、座業を説明しました。

脇差

以上3日間の講習で、20形、居合之形、脇差之形、剣術基礎までひと通り指導を行ないましたが、全員熱心に受講していました。受講生は、剣術と脇差之形は初めてだったので、とても勉強になった。これから繰り返し稽古します、と話していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です