拳正館

スポーツ会館での稽古が終了した後、小西先生の道場「拳正館」に立ち寄らせていただきました。
まさにここが無外真伝無外流居合兵道の大本山です。
坂口会長は毎月通ってこの道場で稽古していますから慣れているのですが、私たちは初めてです。
緊張します。
江戸無外会News-拳正館
道場でまず目に飛び込んできたのが道場目録です。
江戸無外会News-道場目録
私たち江戸無外会がいただき、道場に掛けてある目録と同じ内容ですが、最後が違います。
江戸無外会News-中川先生
第十一代宗家 十段藩士 中川龍翁誌 落款 ・・・・中川先生が小西先生に与えた目録・・・。
そして、今私たちは第十六代小西先生からいただいた目録を九段の道場に掲げて稽古している・・・・。
当たり前の事ですが・・・感動です。
壁にお弟子さんのお名前の札が掲げられています。
江戸無外会News-九段者
九段の先生方のお名前の最後に坂口会長の木札がありました。
「まだ新しいものに書き直していなくて済まんな。次に来るときには直しておく。」とのお言葉でした。
そして私たち六段の名前も掲げてあります。これでまた感激!
江戸無外会News-六段者
そして併伝武道の目録類も掲げてあります。
江戸無外会News-杖目録
こちらは「神道夢想流杖道」の目録です。目録の下には杖・短杖が掲げてあります。
江戸無外会News-鎖鎌允状
そして鎖鎌教士の允杖・・・・。
併伝武道は居合を極めるために稽古するものであるから、併伝武道には段位は無い・・・とのこと。
昨年までの会では全ての併伝武道に段位がありました。現在はもちろん段位などありません。
しかし、これらの併伝武道も小西先生からご指南いただきながら、会員の皆さんと稽古に励みたいと思います。
空手の世界ではトップにいらっしゃる小西先生ですから、もちろん空手の目録もありました。
江戸無外会News-空手目録
この道場の雰囲気を肌で感じ、空気を吸って・・・ここで稽古したいという思いを強くして帰ってきました。
最後に小西先生と記念写真です。
江戸無外会News-記念写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です