無外真伝無外流居合兵道 第2回国際大会 その1

2013年11月17日(日) いい天気になりました。
無外真伝無外流居合兵道第2回国際大会当日です。
会場は新木場・夢の島の「BunB東京スポーツ文化館」。東京湾の中とは思えないロケーションです。
開始前1
開場は9:00ですが、皆さん8:30にはメインアリーナ入口に集まって開場を待っています。

開始前2

開始前3
開始前4
さあ、いよいよ会場です。
開始前5
開始前6
選手が整列して開会式が始まります。

小西宗家ならびに士龍会宗範の先生方もお揃いになりました。
開会2
国旗掲揚
開会3
 正統第十六代宗家 小西御佐一先生からご挨拶をいただきます。

開会5開会4

選手宣誓はイタリア選手
開会6
この大会は競技はもちろんですが、先生方の演武も重要な要素になっています。
まず最初は教士演武です。
教士3
教士2
教士1
そして範士演武
範士3
範士2
範士1
続いては「脇差之形」

脇差之形1脇差之形2

他の武道として日本伝拳法糸東流空手道の演武も紹介されました。

試斬 抜きつけ逆袈裟斬り 竹台置き藁抜打横一文字

試斬1試斬2

龍凰流試斬道・模擬試合
新しく創流された「龍凰流試斬道」門人による模擬試合も披露されました。
巻藁に巻かれた和紙に「顔面」「腕馴」「脾腹」の位置に線が引かれています。
2人が対戦し、抜き付けあるいは抜き打ちでどちらが正確に斬れるかを競います。
龍凰流1

龍翁流3龍凰流2

この後はいよいよ居合道の予選となります。
予選の様子はその2でお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です