新年稽古会 (全体講習会)

新年稽古会が行われました。会場は今年は吉祥寺道場です。暖房の効いた使いやすい道場になっています。
全員であいさつの後、12月の昇段審査に合格した方に、第十六代小西御佐一宗家の段位允可状か手渡されました。
稽古の内容は、12月に行われた士龍会の指導員講習会で指摘された部分の伝達講習になりました。
無外流20形を通して確認していきましたが、最も重要な部分は形に対する考え方の違いだったような気がします。
「無外流は形あって形無し」とよく言われますが。それはどういうことなのか・・・。基本的な考え方、動きを稽古していますが、些細なことにとらわれる縛ら れるのでは無く、臨機応変多彩な動きが出来るように稽古することが大切なのでは無いでしょうか。

吉祥寺道場 整列 挨拶 免状授与

稽古 講習

講習会後は懇親会。多数の方のご参加で大いに盛り上がりました。

懇親会1 懇親会2

ワシントンDC講習 報告

 米国・ワシントンDC支部での講習のため、坂口会長と野村師範が5月27日から6月3日まで渡米しました。

 野村師範の報告の中から、講習の様子をご紹介します。

 米国バージニア州アレキサンドリア市にあるワシントンDCキャピタルエリア武道会が主催する無外流居合兵道合宿が2015年5月29日から3日間アレキサンドリア市で行われ、日本から坂口会長と野村が参加しました。
 キャピタルエリア武道会は、居合道、抜刀道、弓道、剣道、薙刀、杖道を行う6つの武道団体の統括組織で、共同で常設道場を管理・運営しています。道場長はデーブ・ドラウディ居合道3段、
居合道は無外流居合兵道の江戸無外会ワシントンDC支部(カート・ブラウン支部長、居合道3段) です。道場は、元小学校の体育館を借り上げているので、天井が高く、広さも充分あり、いろいろな日本武道を学ぶことができる環境です。道場の裏には巻藁を漬けるドラム缶が数本置いてあり、新品の畳表で試斬ができます。

巻き藁

3日間の講習に 11名が参加しました。講習内容は以下の通り。

5/29(金) 15:00~18:00  8名参加、基本、五用、五応 
5/30(土) 午前 9:00~12:00  6名参加 五箇、走掛 
5/30(土) 午後 13:00~15:30 10名参加 居合之形

30日講習

居合之形

5/30(土) 15:30~17:00 からは昇段審査が行われ
Kurt Brown 4段、Dave Drawdy 4段、Jason Ferron 2段、Joshua Badgley 2段 

以上の4名が昇段しました。

5/31(日) 午前 9:00~12:00  7名参加 剣術基礎の稽古が行われました。

31日集合

31日居合

剣術基礎は、1. 受け返し、2. 受け流し、3. 巻落とし、4. 巻き上げ、5. 連続稽古を 2人一組で受け返し・受け流しと真向斬りを連続して行う稽古で、間、間合いと正しい受け返し・受け流しを修得しました。
また、2人一組でAは打ち太刀で真向斬り、Bは仕太刀で斜め後ろ45度に下りながら受け返す。次に仕打交代してBが打ち太刀となり真向斬りで打つ。Aは打ってくるのを斜め後ろに下がって受け返す。互いにこれを繰り返す。8回繰り返すと元の位置に戻る。左回り、右回りと方向を変えて行う。更に、受け流しで同じことを行う。この稽古を行ないました。


5/31(日) 午後 13:00~15:00  7名参加で脇差之形を行いました。
脇差之形は初めてなので、座りはキツイので、立ったまま手順を繰り返した後、座業を説明しました。

脇差

以上3日間の講習で、20形、居合之形、脇差之形、剣術基礎までひと通り指導を行ないましたが、全員熱心に受講していました。受講生は、剣術と脇差之形は初めてだったので、とても勉強になった。これから繰り返し稽古します、と話していました。

パリ講習1

4月7日から須藤師範がフランス・パリ支部の指導に出かけました。

稽古初日の今日は19:00からMDM道場での稽古です。半年ぶりにメンバーに合いました。

今日は、新しく入った中学生も参加。昇級審査を受けました。

稽古終わったときには暗くなっていました。道場から宿までバスで帰りますが、途中セーヌ沿いで乗り換え。
エッフェル塔のライトアップが綺麗です。

パリ講習会

11月1日から11日まで、須藤師範がフランスを訪問し、今年3度目のパリ支部の講習会が行われました。MDM道場とMASAMUNE道場を使い7回の講習でしたが、皆熱心に参加しています。

講習に先立って、段位の認可状が渡されました。

講習の様子をご覧ください・

南アフリカ・ケープタウン支部

遙か南、南アフリカ共和国ケープタウンに江戸無外会の支部が誕生しました。
もともと抜刀道、剣術、体術などを稽古していた団体なのですが、これまで稽古していた剣術が正式に学んだものではなかったため、是非正統の無外流居合兵道を学びたいということで、私たちの門を叩きました。
早速今月初旬に野村師範が南アに飛び、初の講習を行いました。
基本の稽古から始まり

灼熱の太陽の下で形稽古
帽子をかぶっての稽古が太陽の厳しさを感じさせます。
こんな野稽古のシーンが「ラストサムライ」にあったような・・・・



もともと剣術をやっていた方々なので、居合之形も様になっています。

皆さんで記念写真。

早々と来年の国際大会参加を表明した方もいらっしゃいます。

士龍会技術講習会と大会準備・懇親会

第2回国際大会の前日ですが、同会場で士龍会の技術講習会が開かれました。
士龍会技術講習1
士龍会技術講習2
小西宗家からご挨拶をいただいた後、段位別に分かれて宗範の先生方を中心にご指導いただきました。

士龍会技術講習4士龍会技術講習3士龍会技術講習5

大会前日でもあり、有意義な講習かとなりました。
ご指導いただいた先生方です。
士龍会技術講習6
講習が終了した後は、大会準備です。会場は夜も借りてありますから、準備しておけばそのまま明日使えます。

全日準備1全日準備2全日準備4全日準備3

大会で渡される個人用のトロフィーもお披露目。皆さん興味津々。
全日準備5
そして夜は懇親会です。
懇親会1
地元を代表して、坂口江戸無外会会長から歓迎のご挨拶。
懇親会3
そして小西宗家からご挨拶をいただいて開会。
懇親会2
遠方からいらっしゃった方、外国からの選手、そして準備のため泊まりこんだ実行委員皆さんでの懇親会ですが、和やかに盛り上がりました。

懇親会4懇親会5

そして会は部屋に戻っての二次会となりましたが、こちらも盛り上がったことは言うまでもありません。
皆さんで居合談議と明日の大会の健闘をお互いにたたえあいました。
懇親会6

小西宗家・直接指導

4月27日に小西御佐一龍翁宗家が姫路から上京され、九段本部でご指導をいただきました。

稽古の後は柳田師範に教士の称号授与がありました。
江戸無外会News
そして、夕方からは赤坂での「龍凰流試斬道」の設立祝賀会にもご参加いただきました。
江戸無外会News
また翌日には、居合之形の指導などもしていただきました。
江戸無外会News
最後に記念写真です。
江戸無外会News

士龍会・技術講習会

明日は第1回の中川無外真伝無外流居合兵道国際大会ですが、それに先だって「審判講習」が行われました。
審判を担当するのは九段範士・宗範の先生方を始め各師範の先生方と四段以上の皆さんです。
江戸無外会News
先ずは概略の説明を行い、そして審判の視点・審判技術などの講習を行いました。
江戸無外会News
江戸無外会News
それに引き続いて、士龍会の技術講習会が行われました。
こちらは明日の大会に参加する選手の皆さんが対象で、各段位毎に九段師範・宗範の先生方が分担して指導されました。
江戸無外会News
段外の皆さんは播磨無外会姫路の為則先生から五用の指導をしていただきます。
江戸無外会News
初段の皆さんは摂津無外会の岡先生による五応の稽古。
江戸無外会News
弐・参段の皆さんは播磨無外会播磨の中谷先生による五箇の稽古。
江戸無外会News
四.五段は播磨無外会神戸の藤村先生による走り懸かりの稽古。
江戸無外会News
六段から八段の師範の先生方は江戸無外会坂口会長による内伝の稽古でした。
そしてまとめとして全員を対象に小西宗家から「真」についてのご指導をいただきました。
江戸無外会News
中川士龍先生から直接ご指導いただいた先生方で、今もお元気に刀を振るっていらっしゃる先生は、大変残念ですが少なくなってしまいました。
小西先生から中川先生伝来の真を直接ご指導いただくという貴重な体験を得ることができ、参加者一同大感激です。小西先生からは「中川士龍先生から伝えられた真を後世にきちんと伝えるのは皆さんの役割です。」というお言葉をいただき、参加者一同心を引き締めました。
打って変わって、夜は宿泊で大会に参加する皆さんの懇親会です。
江戸無外会News
初めて顔合わせをする方々も多く、楽しい時間を過ごしました。
江戸無外会News
そして二次会。宿は全館貸し切りですので気兼ねなく遅くまで盛り上がったのですが・・・。
明日は試合があります・・・。差し支えなければいいのですが・・・・。

ワシントンDC支部講習会

江戸無外会News江戸無外会News

 

8月25日(土)26日(日)の2日間にわたり、アメリカ・ワシントンDCで講習会が開かれました。
参加者は、 ワシントンDC支部会員の11名とニューヨーク道場の2名でした。

江戸無外会News江戸無外会News

指導に当たったのは坂口会長と野村師範です。
このワシントンDC支部の会員の方々の多くは、もとは他の会派にいらっしゃった方々ですが、6月にこれまでの会を退会して江戸無外会に入会してこられました。また数名はそれ以後に入会した方です。
そしてニューヨークから来た2名は日本で旧玉風会に所属していた会員ですが、アメリカに在住しているためニューヨークで稽古しています。
いずれも小西宗家の無外真伝無外流居合兵道には初めて接する方々ですから、まずは坂口会長・野村師範の二人で、理合などをきちんと説明し、これまでの他会派の動きから正統の動きに修正する稽古となりました。
以下、写真で様子をご覧ください。
江戸無外会News江戸無外会News江戸無外会News江戸無外会News江戸無外会News