国際競技大会

無外真伝無外流居合兵道 第4回国際競技大会が熱海市網代で開かれました。今回はアメリカ・南アフリカ・ベルギーから選手が参加しました。

開会式の後、各種の演武が披露され、その後段位別に熱戦が繰り広げられました。

また今年はから剣術型の試合も取り入れられました。

以下各段の入賞者です。
段外の部

初弐段の部

参四段の部

五六段の部

各段別の優勝者の総当たり戦で行われる「宗家杯」は2年連続で江戸無外会の小林四段が獲得しました。

剣術型の入賞者

また、きびきびとした演武を披露してくれた少年の部の選手にも敢闘賞が贈られました。

取材旅行2日目 流祖辻月丹縁の地を訪ねて

今日は流祖縁の地、甲賀郡馬杉村(現甲賀市上馬杉)を訪れます。
朝から生憎の雨。草津線甲賀駅を降りると、10数年前に小西先生を案内してくださったタクシーの運転手さんが待っていてくれました。
先ずは流祖の菩提寺である福龍寺に向かいます。

福龍寺

残念ながらご住職が不在のため、本堂前で記念写真だけ撮りました。

福龍寺本堂

続いて上馬杉の油日神社に向かいます。

油日神社鳥居

この神社の東北に太子山という山があります。昔聖徳太子がこの地を平定された時、馬を杉の木につながれたので馬杉の地名が生れたといいます。900年代創建。この神社が流祖にとっての鎮守様だったのでしょう。

油日神社本殿

社殿は何度か焼失し再建されています。現在のものは明治に再建されたものですが、記録によると慶安三寅年(1650)にも再建されたとあります。辻月丹は1948年に生まれていますから、流祖が物心ついた頃に真新しい社殿ができたことになります。印象深かったのでしょう。
社殿に向かう石段の下に一対の石灯籠が建っています。

油日神社石灯籠

この石灯籠の右側に「月丹資茂」の字が読み取れました。上には寄進とあるようです。残念ながら年月を読み取ることはできませんでしたが、辻月丹が江戸で名を上げた後に懐かしいこの神社に寄進したのではないでしょうか。

石灯籠碑文

ここから6キロほど東にもう一つの油日神社があります。

油日神社鳥居2

こちらの神社は大きな神社で、流祖が山籠もりした油日岳を新体山としています。

油日神社社殿

この楼門は1500年代末、本殿は1400年代に建てられており、国の重要文化財に指定されています。ちなみに2010年の映画「大奥」やNHK朝ドラ「ごちそうさん」のロケ地になっています。

雨なので油日岳には登れませんが、せめて登山口まで行こうということで車を走らせましたが、途中の林道で倒木が道をふさいでいます。あきらめようかと思いましたが会長の一念。倒木をどかして何とか道を確保。

山道

登山口までたどり着きました。

油日岳登山口

流祖はここを登って修行したのでしょう。

運転手さんが福龍寺に電話してくださいました。ご住職がいらっしゃるということでもう一度福龍寺に向かい、ご住職のお話を伺いました。

福龍寺には大般若教100巻がありますが、この中の何巻かは辻月丹が寄進したとのこと。また寺の脇の山はかつては土葬の墓地で、そこに辻月丹名の墓標があるとのこと。これは10数年前にご住職に教えていただいた小西宗家が山に入って確認されたそうです。

丹屋敷

写真中段の右端が福龍寺です。正面にある段々畑のあたりを昔は「丹屋敷」と呼んだそうです。正面の山が少し低くなったあたりに土葬の墓地があったとのこと。また左の山の裏あたりが辻月丹生誕の地とのことです。おそらく流祖が江戸で名を上げた後、一族はこの正面に住んだのではないでしょうか。そして奥の墓地に一族が葬られた。後に流祖は墓碑を建て、納経し、神社に石灯籠を寄進した・・・・これが私の推量です。

いずれにしろ、流祖がこのあたりを駆け回っていたことは間違いない。感慨を胸に東京に帰りました。

取材旅行1日目 10代・11代宗家墓前に

今年の国際大会のプログラムに載せる記事の取材に出かけました。
初日は第10代宗家・高橋赳太郎高運先生の墓前と、第11代宗家中川申一士龍先生の墓前を訪ねること。
新神戸駅で小西御佐一宗家と待ち合わせ。宗家にご案内いただき高橋赳太郎先生のお墓のある追谷墓園を訪れました。

追谷墓地

大変広い墓地ですが、小西先生が何度か訪れていらっしゃるのですぐにわかりました。

高橋赳太郎先生墓前1

右の背の高い墓碑が赳太郎先生と奥様の墓碑。左がご子息秀三先生の墓碑です。

高橋赳太郎先生墓前2

振り返ってみると、神戸の町が見えました。

神戸市街を望む

続いて新神戸から新幹線に乗り京都へ向かいます。
妙心寺の塔頭に中川士龍先生のお墓があります。
ご命日である1月とお盆の8月に一門でお参りさせていただきますが、ここは通常一般開放はしておりません。

妙心寺天球院

中川士龍先生墓碑

本日の予定はここまでだったのですが、昼食後時間があるので、流祖辻月丹が山ごもりして修行した愛宕山の麓まで足を伸ばしました。
嵯峨野の奥・鳥居本に愛宕神社の一之鳥居があります。この山は標高もあり、なかなか険しい道ですので山頂愛宕神社の取材は他の方にお願いして本日は終了。

愛宕神社一之鳥居

京都駅から宿舎のある草津に向かいました。

ワシントンDC講習 報告

 米国・ワシントンDC支部での講習のため、坂口会長と野村師範が5月27日から6月3日まで渡米しました。

 野村師範の報告の中から、講習の様子をご紹介します。

 米国バージニア州アレキサンドリア市にあるワシントンDCキャピタルエリア武道会が主催する無外流居合兵道合宿が2015年5月29日から3日間アレキサンドリア市で行われ、日本から坂口会長と野村が参加しました。
 キャピタルエリア武道会は、居合道、抜刀道、弓道、剣道、薙刀、杖道を行う6つの武道団体の統括組織で、共同で常設道場を管理・運営しています。道場長はデーブ・ドラウディ居合道3段、
居合道は無外流居合兵道の江戸無外会ワシントンDC支部(カート・ブラウン支部長、居合道3段) です。道場は、元小学校の体育館を借り上げているので、天井が高く、広さも充分あり、いろいろな日本武道を学ぶことができる環境です。道場の裏には巻藁を漬けるドラム缶が数本置いてあり、新品の畳表で試斬ができます。

巻き藁

3日間の講習に 11名が参加しました。講習内容は以下の通り。

5/29(金) 15:00~18:00  8名参加、基本、五用、五応 
5/30(土) 午前 9:00~12:00  6名参加 五箇、走掛 
5/30(土) 午後 13:00~15:30 10名参加 居合之形

30日講習

居合之形

5/30(土) 15:30~17:00 からは昇段審査が行われ
Kurt Brown 4段、Dave Drawdy 4段、Jason Ferron 2段、Joshua Badgley 2段 

以上の4名が昇段しました。

5/31(日) 午前 9:00~12:00  7名参加 剣術基礎の稽古が行われました。

31日集合

31日居合

剣術基礎は、1. 受け返し、2. 受け流し、3. 巻落とし、4. 巻き上げ、5. 連続稽古を 2人一組で受け返し・受け流しと真向斬りを連続して行う稽古で、間、間合いと正しい受け返し・受け流しを修得しました。
また、2人一組でAは打ち太刀で真向斬り、Bは仕太刀で斜め後ろ45度に下りながら受け返す。次に仕打交代してBが打ち太刀となり真向斬りで打つ。Aは打ってくるのを斜め後ろに下がって受け返す。互いにこれを繰り返す。8回繰り返すと元の位置に戻る。左回り、右回りと方向を変えて行う。更に、受け流しで同じことを行う。この稽古を行ないました。


5/31(日) 午後 13:00~15:00  7名参加で脇差之形を行いました。
脇差之形は初めてなので、座りはキツイので、立ったまま手順を繰り返した後、座業を説明しました。

脇差

以上3日間の講習で、20形、居合之形、脇差之形、剣術基礎までひと通り指導を行ないましたが、全員熱心に受講していました。受講生は、剣術と脇差之形は初めてだったので、とても勉強になった。これから繰り返し稽古します、と話していました。

大久保道場・オリエンテーション

江戸無外会では東京日本語教育センターで稽古を行っています。
ここは日本の大学に留学しようという海外の学生が日本語を学習する施設です。
ここで、日本の文化に触れる体験をしてもらうということで、ボランティアで居合教室を開いています。
毎年5月に新しい学生がやってきますので、彼らに向けてオリエンテーションの演武会を開いています。

パリ講習2

水曜日、夜はMDM道場の稽古です。

休会した人なども結構いるのですが、有力なメンバーが残っています。

彼らがこれからのフランスの無外流を支えてくれると思います。

さぁ ちょっと飲みに行こう・・・・。ということで今回のパリ講習も終わりました。

パリ合宿3日目

3日目の朝、さわやかな一日になりそうです。

気合いを入れて稽古が始まります。

最後にみんなで記念写真。

気持ちのいい陽を浴びてテラスでランチ。

そしてそれぞれ、車で駅へ向かう人、歩いて駅まで行く人。
車でパリまで帰る人。お疲れ様でした。日本人なら一つ釜の飯を食った仲間。
また一つ絆が生まれたようです。

私たちは車に乗せてもらって駅に向かったのですが、数分差で乗り遅れました。
電車は1時間に1本・・・・なのですが、なんと突然1本が運休。
従って駅で2時間待って・・・パリへ・・・。
しかし、歩いて駅組は来なかった。何時間かかったのでしょうか?