12月・昇段審査

今年最後の昇段審査が行われました。

初段2名:合格

弐段6名:合格

参段1名:合格

四段:希望者なし
五段1名:不合格
残念ながら、形の失敗があり不合格になってしまいましたが、次回は脇差之形の審査は免除となります。
今回の審査の結果弐段位が30名を超えました。
次回は5月に審査が行われる予定です。弐段での滞留年数1年を超える方も10名以上いらっしゃいますから是非次回三段に挑戦していただきたいと思います。
また今回四段に挑戦の方がいらっしゃいませんでした。四段は抜き付け逆袈裟のその場試斬審査があるため、かなり敷居が高いかと思いますが是非挑戦していただきたいと思います。

無外真伝無外流居合兵道 第2回国際大会 その1

2013年11月17日(日) いい天気になりました。
無外真伝無外流居合兵道第2回国際大会当日です。
会場は新木場・夢の島の「BunB東京スポーツ文化館」。東京湾の中とは思えないロケーションです。
開始前1
開場は9:00ですが、皆さん8:30にはメインアリーナ入口に集まって開場を待っています。

開始前2

開始前3
開始前4
さあ、いよいよ会場です。
開始前5
開始前6
選手が整列して開会式が始まります。

小西宗家ならびに士龍会宗範の先生方もお揃いになりました。
開会2
国旗掲揚
開会3
 正統第十六代宗家 小西御佐一先生からご挨拶をいただきます。

開会5開会4

選手宣誓はイタリア選手
開会6
この大会は競技はもちろんですが、先生方の演武も重要な要素になっています。
まず最初は教士演武です。
教士3
教士2
教士1
そして範士演武
範士3
範士2
範士1
続いては「脇差之形」

脇差之形1脇差之形2

他の武道として日本伝拳法糸東流空手道の演武も紹介されました。

試斬 抜きつけ逆袈裟斬り 竹台置き藁抜打横一文字

試斬1試斬2

龍凰流試斬道・模擬試合
新しく創流された「龍凰流試斬道」門人による模擬試合も披露されました。
巻藁に巻かれた和紙に「顔面」「腕馴」「脾腹」の位置に線が引かれています。
2人が対戦し、抜き付けあるいは抜き打ちでどちらが正確に斬れるかを競います。
龍凰流1

龍翁流3龍凰流2

この後はいよいよ居合道の予選となります。
予選の様子はその2でお知らせします。

無外真伝無外流居合兵道 第2回国際大会 その2

それでは、居合道の試合をご紹介しましょう。
江戸無外会公式ホームページの会員専用ページには、全参加選手の写真を載せますが、ここでは話題になった選手をご紹介します。
予選開始
段外の部から予選が始まります。
広い体育館で4面とれましたが、これは段外ノ部A面の選手の皆さんです。
開会式で選手宣誓をしたイタリア選手。綺麗な帯手をしています。
敢闘賞1
それではまず敢闘賞を受賞した皆さんを紹介します。
段外の部。本大会参加女性の最高齢。江戸無外会フランス・パリ支部会員です。
敢闘賞2
初段の部。こちらは最年少で中学2年生。
敢闘賞3
弐段の部。スペイン人、ドイツ在住です。
敢闘賞4
参段の部。フランス・パリ支部支部長。
敢闘賞6
播磨無外会・姫路から参加。準々決勝で優勝者と対戦しベスト8に終わりましたが、素晴らしい試合でした。
敢闘賞5
四段の部。摂津無外会 神戸からの参加です。
敢闘賞8
五段の部。風格のある居合を見せて下さいました。
敢闘賞7
フランスチームの袖には国旗をデザインしたエンブレムが付いています。国際大会らしい雰囲気。
フランスチーム
続いて三位の皆さんです。
段外の部

段外三位段外三位

初段の部

初段三位初段三位

弐参段の部

弐参段三位弐参段三位

四五段の部

五段三位五段三位

そして決勝戦
決勝戦
以下の写真の左が優勝者・右が準優勝
段外の部

段外優勝段外準優勝

初段の部

初段優勝初段準優勝

弐参段の部

四五段の部

その3に続きます。
 

無外真伝無外流居合兵道 第2回国際大会 その3

予選と決勝戦の間にも模範演武が行われました。
まずは士龍会各会の代表をしていらっしゃる宗範の先生方の演武です。
播磨無外会・姫路の為則宗範
為則宗範
播磨無外会・播磨の中谷宗範
中谷宗範
播磨無外会・神戸の藤村宗範
藤村宗範
摂津無外会の岡宗範
岡宗範
江戸無外会の坂口宗範
坂口宗範
さらに今年は吟道と扇舞もご披露いただきました。
吟道・賀堂流 上師範 北 賀礼愁先生 師範 小西賀影慧先生
吟道
扇舞・敬天社早渕流 清水鯉玲苑先生
吟道
そして第16代小西御佐一宗家が居合之形を演武してくださいました。
 打太刀:小西御佐一宗家 仕太刀:坂口行成宗範
なお、この居合之形ではお二人とも刃挽きをしていない真剣を使っていらっしゃいます。

宗家
居合之形1居合之形2

居合之形3居合之形4

居合之形5居合之形6居合之形7

そして閉会式。
入賞者の表彰です。
四・五段の部優勝・西垣選手に小西宗家から優勝カップ・トロフィーが贈られました。
表彰1
そして各ランクの入賞者にもカップ・トロフィーの贈呈です。

表彰2表彰3表彰5表彰4
最後に小西先生より講評をいただきました。
身振りを交えてそれぞれの良かった点、これからの課題などをお話していただきましたが、その中でも本大会が白熱した中にも整然とした大会であったことのお褒めの言葉をいただきました。
講評

最後に遠方から参加してくださった皆様、そして泊まり込みで準備運営にあった実行委員の皆様に感謝申し上げます。
来年は姫路で行われることが決まっています。
すでに南アフリカ・ケープタウン支部の方から参加表明もありました。
益々発展する大会です。
お元気で、姫路でお会いしましょう。
 
 

士龍会技術講習会と大会準備・懇親会

第2回国際大会の前日ですが、同会場で士龍会の技術講習会が開かれました。
士龍会技術講習1
士龍会技術講習2
小西宗家からご挨拶をいただいた後、段位別に分かれて宗範の先生方を中心にご指導いただきました。

士龍会技術講習4士龍会技術講習3士龍会技術講習5

大会前日でもあり、有意義な講習かとなりました。
ご指導いただいた先生方です。
士龍会技術講習6
講習が終了した後は、大会準備です。会場は夜も借りてありますから、準備しておけばそのまま明日使えます。

全日準備1全日準備2全日準備4全日準備3

大会で渡される個人用のトロフィーもお披露目。皆さん興味津々。
全日準備5
そして夜は懇親会です。
懇親会1
地元を代表して、坂口江戸無外会会長から歓迎のご挨拶。
懇親会3
そして小西宗家からご挨拶をいただいて開会。
懇親会2
遠方からいらっしゃった方、外国からの選手、そして準備のため泊まりこんだ実行委員皆さんでの懇親会ですが、和やかに盛り上がりました。

懇親会4懇親会5

そして会は部屋に戻っての二次会となりましたが、こちらも盛り上がったことは言うまでもありません。
皆さんで居合談議と明日の大会の健闘をお互いにたたえあいました。
懇親会6

東京日本語教育センター・道場開設

東京日本語教育センターの道場が今年も始まります。
ここは日本に留学する海外の学生のために日本語を教える施設です。
ここで数年前から、日本文化を知ってもらう一つとして居合の稽古をしています。
毎年学生が変わりますので、年度初めに演武会をして希望者を募ります。
まずは、初段のお二人が演武を披露。
江戸無外会News
続いてこの場所の責任者の石井5段と、応援の西垣5段が演武。
江戸無外会News
そして坂口宗範と須藤師範の演武。
江戸無外会News
そして脇差之形を披露します。
江戸無外会News
見学に来た学生さんたちと気軽に話をして
江戸無外会News
最後に皆さんで記念写真。
江戸無外会News
ここで1年間居合を稽古した皆さんには、居合道終了証が贈られます。
さぁ、今年は何人が終了証をもらうのでしょうか・・・?

小西宗家・直接指導

4月27日に小西御佐一龍翁宗家が姫路から上京され、九段本部でご指導をいただきました。

稽古の後は柳田師範に教士の称号授与がありました。
江戸無外会News
そして、夕方からは赤坂での「龍凰流試斬道」の設立祝賀会にもご参加いただきました。
江戸無外会News
また翌日には、居合之形の指導などもしていただきました。
江戸無外会News
最後に記念写真です。
江戸無外会News

新年稽古会

新年稽古会が行われました。
江戸無外会News
全体稽古の後は、段位ごとの演武を行いました。
級と初段の方々

江戸無外会News

初二段の方々
江戸無外会News
三段の方々
江戸無外会News
四段の方々
江戸無外会News
五段の方々
江戸無外会News

江戸無外会News江戸無外会News江戸無外会News

そして師範
江戸無外会News

江戸無外会News江戸無外会News

また、居合之形や鎖鎌の演武も行われました。

江戸無外会News江戸無外会News

最後に全員で記念写真です。
江戸無外会News

姫路・新年奉納演武

姫路 「播磨国総社 射楯兵主神社」において、小西御佐一龍翁宗家が指導していらっしゃる「拳正館」道場の新年奉納演武が行われ、私たち江戸無外会も居合道・士龍会の一員として参加いたしました。
拳正館では様々な武道を行っています。
江戸無外会News
糸東流空手道の演武。
江戸無外会News
神道夢想流杖術の演武。
そして、居合道の演武などが奉納されました。

江戸無外会News江戸無外会News