道場改修と道場開き

念願だった道場の改修工事が終わりました。以前の床は中国製の合板・・・・。あっという間にボコボコになってしまって・・・・。みんなでお金を出し合って作った道場ですし、家賃の支払いに追われていて改修どころではなかったのです。でも、あまりにも酷い状況を見かねた会員の皆様が、貯金箱を置いて、道場改修基金をやってくれました。そして大口で後援して下さる方も登場して、何とか改修工事に漕ぎ着けたのでした。
道場の正面入口の扉を開けると、大きな神棚が目に入ります。以前は神棚は作ってはならないとのお達しがあったため小さな神棚もありませんでした。やはり、道場には神棚です。気持ちが引き締まります。5社の神棚です。中央には天照大神、そして氏神様の筑土神社、靖国神社、武道の神様の鹿島香取の神様をお祀りします。
江戸無外会News-神棚
何しろお金のない貧乏道場です。何でも手作り。会員のT代さんに祝詞に祝詞をあげていただいて始まりました。
しかし突然お願いしても、すらすらと祝詞が出てくる・・・T代さん、何者?
江戸無外会News-祝詞
全員で柏手を打ってお参りした後、坂口会長による剣払いで四方の魔を封じます。
江戸無外会News-柏手
江戸無外会News-剣払い
そして直会をいただいて一通りの儀式は終了。皆さん嬉しそうですよ・・・・。
江戸無外会News-直会
全員で記念写真です。平日の昼ですから、この人数でもしかたないか・・・。
江戸無外会News-記念写真
そして、記念の試斬会を行いました。
新しい道場での試斬・・・気持ちいいです。
江戸無外会News-試斬1
江戸無外会News-試斬2
皆さんのお気持ちが一つになってできた改修工事です。ありがとうございました。
お金も時間もなくて細々とやった道場開きですが・・・また日を改めて皆さんでお祝いしたいと思います。
何かいい案があったらお知らせ下さい・・・・!

井草八幡奉納演武

杉並の井草八幡宮の例大祭で、江戸無外会の奉納演武がおこなわれました。
江戸無外会News-井草八幡
まずおこなわれたのは長野師範による演武

江戸無外会News-長野師範

そして坂口会長による演武
江戸無外会News-坂口師範
そして両名による組太刀の奉納です。
江戸無外会News-居合の形
大変好評で、井草八幡宮より感謝状をいただきました。

道場が綺麗になる!

道場の内装工事が着々進んでいるとのことで、見に行ってきました。
江戸無外会News-道場外観
外観が少し変わっていますね。どこが違うかわかりますか・・・?
窓側です。
江戸無外会News-内装1
こちらが中央・・・だいぶ違いますよ。
江戸無外会News-内証2
奥はこうなります。
江戸無外会News-内装3
床が綺麗になったのがわかりますね。
正面の窓がなくなっていますよ。
これは何でしょう・・・?
江戸無外会News-巻藁おけ
お風呂じゃないですよ。奥のビニールのない部分に巻藁用のドラム缶が3本並びます。
そして試斬をやるときには、水漬けした巻藁をビニールの部分に出して水洗いするのです。
窓には換気扇がつきます。
ドアの下から入った新鮮な空気が、あの臭いとともに窓の外へ抜けていく・・・。
これで、あの臭いともお別れです。
来週早々には完成引き渡しです。待ち遠しいなぁ・・・。