昇段審査

武蔵国無外会に変更して最初の昇段審査です。
今回は我が会最長老「S山さん」が弐段に挑戦。御年84歳、80歳過ぎて入門されましたが、こつこつと努力を積み重ね、見事弐段合格です。
また女性剣士「M田さん」も初段に挑戦して合格。彼女も黙々と努力することが報われました。
IMG_7070
IMG_7069
全体では10名の挑戦でしたが皆さん合格です。おめでとうございました。
P1040800

宗家講習

姫路から16代宗家・小西御佐一先生が上京されました。
師範と四段以上の皆さんにも方にも参加していただき講習会を持ちました。

朝9時から始まり、20本の形を業じて、細かく直していただきました。

さらに午後は「居合之形」のご指導もいただきました。

12月・昇段審査

今年最後の昇段審査が行われました。

初段2名:合格

弐段6名:合格

参段1名:合格

四段:希望者なし
五段1名:不合格
残念ながら、形の失敗があり不合格になってしまいましたが、次回は脇差之形の審査は免除となります。
今回の審査の結果弐段位が30名を超えました。
次回は5月に審査が行われる予定です。弐段での滞留年数1年を超える方も10名以上いらっしゃいますから是非次回三段に挑戦していただきたいと思います。
また今回四段に挑戦の方がいらっしゃいませんでした。四段は抜き付け逆袈裟のその場試斬審査があるため、かなり敷居が高いかと思いますが是非挑戦していただきたいと思います。

昇段審査

今年最後の昇段審査が行われました。
江戸無外会News-昇段審査整列
今回の審査には、初段に9名が挑戦しています。
江戸無外会News-昇段審査初段形
さらに二段には3名、三段にも3名が挑戦し頑張りました。
四段以上の審査では、その場試斬も課題になっています。
江戸無外会News-昇段試斬
また、四段では居合之形、五段では脇差之形も審査項目になっておりかなりの難関です。

江戸無外会News-居合之形江戸無外会News-脇差之形

結果、初段から三段までは全員合格しましたが、四段以上は五段位に1名が合格という狭き門でした。
次回は5月の予定です。頑張りましょう。

第2回・昇段審査

江戸無外会2度目の昇段審査が小西宗家立会のもと行われました。
今回の審査には、五段2名・四段2名・参段2名・弐段1名・初段2名の受審がありました。
審査は試斬と形と剣術型で行われます。初段から参段の試斬は事前試斬ですが、四段と五段の試斬は当日試斬です。まず、四段の試斬抜き付け逆袈裟の試斬、そして五段の抜き付け横一の試斬が行われました。大勢の見学者などが見守る中での試斬ですから緊張しています。
江戸無外会News
そして、見事全員クリアすることができました。
続いて初段から順に形の審査です。審査員は師範4名で、審査結果を会長が承認ということで行われます。
今回は江戸無外会の審査の様子を見たいということで、姫路から小西宗家も上京され立ち会って下さいましが、宗家の前での演武ですからこれ以上の緊張はないでしょう。
江戸無外会News
初段のお二人ですが、落ち着いて演武していました。立派です。
江戸無外会News
こちらは参段の審査です。初段は「五用」の五本が指定の形ですから問題ないのですが、弐段からは形が当日指定されます。ですから、どの形も均等に稽古しておかないといけないので大変です。
結果・・・初段から参段の方は全員合格でした。
四段は1名合格、1名は保留でした。12月まで必ず会長の稽古に参加し、技量の向上が見られたら合格となります。
五段は20本の形から7本を当日指定で演武です。一般の方の最高段位ですから審査もかなり厳しく、かなりハードルが高くなっており、わずかなミスも許されないような状況で、残念ながらお二人とも今一歩のところで不合格でした。しかし、今回試斬ができていますから次回は試斬免除となります。会長の総評の中でも、是非もう一度12月の挑戦して下さいという言葉がありました。
本当に皆さんご苦労様でした。またこれから一層稽古に励んで下さい。

昇段審査

江戸無外会となって第一回の昇段審査を行いました。士龍会の審査規定では五段までは各地区で行うことになっています。その規定に従い江戸無外会の審査規定を設けました。審査回数は年に三回です。そして、会長が立ち合い、二名以上の師範が審査することになっています。
江戸無外会News
初段から三段までは人数が多かったので二名ずつの演武となりました。
初段は五用を五本と決まっていますが、弐段以上は五用二本と五応二本、そして応用一本。
しかも指定の形は当日発表ですから結構つらかったと思います。
江戸無外会News
江戸無外会News
また四段以上は、まずその場で抜き打ちの逆袈裟試斬を行い、斬れたら演武ができます。
さらに居合之形(組太刀)を仕太刀と打太刀を五本ずつ。
これは相当厳しかったのではないでしょうか。
江戸無外会News-居合之形
まあ、なんとか全員合格で記念すべき1回目の昇段審査を終えることができました。