沼袋・氷川神社 奉納演武

今年も東京中野区の沼袋氷川神社の例大祭で演武を奉納させて頂きました。
朝からあいにくの雨、しかも土砂降り状態でした。
演武は神楽殿で行いますので、雨でも可能なのですが、せっかくの奉納演武ですので、大勢の方に見ていただきたいという気持ちで準備しました。
幸い、始める30分ほど前には雨が上がり青空ものぞいています。
参拝される方も境内に姿をお見せになり、開始の時間には数十人のお客様が席に座って開演を待ってくださいました。

新春祈願 奉納演武

1月10日に姫路・播磨国総社御本殿におきまして新春祈願が執り行われました。これは無外真伝無外流居合兵道第16代宗家小西御佐一先生の道場「日本武道拳正会」が主催したもので、無外真伝無外流居合兵道・糸東流空手道・神道夢想流杖術、また吟道扇舞なども奉納されました。
今年は例年になく暖かな日差しでしたが「凛」と張り詰めた空気感の中…心に響きわたる御祈祷を受けて身の引き締まる思いでした。
江戸無外会からは須藤範士八段・柳田教士七段・小林四段の3名が参加し演武を納めて参りました。

集合
神職
拝殿
小林
柳田
須藤
杖

大久保道場・オリエンテーション

江戸無外会では東京日本語教育センターで稽古を行っています。
ここは日本の大学に留学しようという海外の学生が日本語を学習する施設です。
ここで、日本の文化に触れる体験をしてもらうということで、ボランティアで居合教室を開いています。
毎年5月に新しい学生がやってきますので、彼らに向けてオリエンテーションの演武会を開いています。

書写山圓教寺 奉納演武

大会の翌日、東京から参加したメンバーと海外からのメンバー中心に、書写山圓教寺に参拝しました。
ここは映画ラストサムライのロケ地になった場所でもあり、海外のメンバーは大変興味があったようです。
本殿に参拝の後、全員で本殿前で演武を行い、また本殿を背景に記念写真を撮りました。

大塚天祖神社 奉納演武

毎年お世話になってる「大塚 天祖神社 例大祭」での奉納演武を行いました。

まずは社殿に入り、お祓いをしていただきます。

神社の御神輿が町内を巡行して神社に戻ってきます。威勢がいいですね。

それからいよいよ演舞が始まります。

この演武会は入門したばかりの方からベテランまで、時間が許す範囲でみなさんに参加していただきます。


また併伝武術の鎖がまもご披露しました。

そして師範による「脇差の形」や「剣術」などもご披露しました。


みなさんに喜んでいただけたようです。お疲れ様でした。

パリ演武会

初めてのフランス・パリでの演武会を開催しました。
会場はエッフェル塔のすぐ下の「パリ日本文化会館」です。

江戸無外会パリ支部である「Mugairyu France」の皆さんが日頃の稽古の成果を発表する場として設けたのですが、東京から坂口会長以下師範や門弟数人が同行して出演しました。

全員そろって開会のあいさつです。

先ずは、演武会の無事を祈念して、坂口龍凰宗範による四方剣払いからスタートしました。

パリ有段者による演武

パリ級メンバーによる演武

同じく級メンバー

居合之形 

脇差之形

パリメンバー全員での、剣術演武

日本門人の演武

日本門人高段者演武

試斬

剣術演武

野村師範の演武

須藤師範の演武

坂口宗範の演武

閉会のあいさつです

終わっても皆さん質問のために多数残っていらっしゃいました。

無事に終了 全員で記念写真です。

東京日本語教育センター・道場開設

東京日本語教育センターの道場が今年も始まります。
ここは日本に留学する海外の学生のために日本語を教える施設です。
ここで数年前から、日本文化を知ってもらう一つとして居合の稽古をしています。
毎年学生が変わりますので、年度初めに演武会をして希望者を募ります。
まずは、初段のお二人が演武を披露。
江戸無外会News
続いてこの場所の責任者の石井5段と、応援の西垣5段が演武。
江戸無外会News
そして坂口宗範と須藤師範の演武。
江戸無外会News
そして脇差之形を披露します。
江戸無外会News
見学に来た学生さんたちと気軽に話をして
江戸無外会News
最後に皆さんで記念写真。
江戸無外会News
ここで1年間居合を稽古した皆さんには、居合道終了証が贈られます。
さぁ、今年は何人が終了証をもらうのでしょうか・・・?